八重瀬グスク

シェアする

八重瀬グスク

データ

グスク名 八重瀬グスク
読み やえせぐすく
別名 富盛グスク
所在地 八重瀬町富盛
現況 八重瀬公園
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 八重瀬按司?
種別 居城
構造物 城壁、拝所、井泉、郭、按司墓、石積、標柱、説明板

記録

初回探訪年月日 2005/7/12
最終探訪年月日 2007/1/20
満足度(A-G) C 公園となっていますが、ある程度遺構は残っている印象です。
過去の記述
所在地 八重瀬町富盛
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 八重瀬按司

八重瀬岳の中腹にあるグスク。
現在は公園になっていますが、それでも本殿跡、蔵当、物見台といった遺構は確認できます。また公園のグランドの南側にも拝所があります。
城主の八重瀬按司は、大里グスクを攻めとり「下世の主」と名乗った汪英紫と言われています。

概要

八重瀬グスクは富盛集落西、八重瀬岳(標高163m)中腹の標高105m-125mの場所にあるグスクです。
連郭式のグスクで、蔵当(くらんとぅ)と本殿跡と呼ばれる二つの郭と物見跡とされるグスク最高所からなっています。
現在は八重瀬公園として整備され、遺構は手が加えられながらも残されています。

歴史、伝承

このグスクの詳細な歴史は分かっていません。
伝承では八重瀬按司の居城であったと云われています。
島添大里グスクを攻め取り「下世之主」と名乗った汪英紫(えーじ)が八重瀬の当て字と見られており1)沖縄の拝所めぐり300 P103、八重瀬按司は汪英紫を指しているとも見られています2)沖縄のグスクめぐり
汪英紫が大里グスクへ移った後は一族などを後継の城主にしたと思われますが、詳細は伝わっていません。しかし汪英紫の長男である達勃期が城主になったのでは無いかとする見方もあるようです3)新琉球王統史 2 P82
山南が滅亡した後は尚巴志の四男が配され八重瀬按司となったとされている事から4)琉球王国の真実 P1335)沖縄の拝所めぐり300 P103第一尚氏王統の時代までは用いられたと思われます。

感想

グスク巡りを初めようと思って初日に訪れたグスクです。
本島南部のグスクとしては比較的高い位置にあり、地形は堅牢な上にグスク内にはグスクガーと呼ばれる井泉も水場として取り込んでいます。
ただ沖縄本島では内陸と言っても位置から交易を行えないため、汪英紫は海に面した拠点を求めて大里へ進出したという見方もあるようです。
グスクめぐりを始める前から何度も見た遺構ですが、石積み遺構はあっても微妙な高さだったりとグスクとしての雰囲気はあるのですが、残っている遺構は良好とは言えないと思っています。

探訪記

グスク崖下 グスクの崖下には古墓や拝所などがあります。
本殿跡の火の神 本殿跡にある火の神。
蔵当 本殿跡からみた蔵当。周囲は石積みで囲まれ、
少し高くなっています。この後方は物見台、
右手側を下るとカーがあります。
拝井泉跡 グスク内カー。
物見台 物見台。今は展望台として利用されています。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1, 5. 沖縄の拝所めぐり300 P103
2. 沖縄のグスクめぐり
3. 新琉球王統史 2 P82
4. 琉球王国の真実 P133

シェアする

フォローする