内間グスク

シェアする

内間グスク

データ

グスク名 内間グスク
読み うちまぐすく
別名
所在地 浦添市内間
現況 内間児童センターなど
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳
種別 聖域?
構造物 拝所

記録

初回探訪年月日 2007/5/5
最終探訪年月日
満足度(A-G) E 拝所以外にグスクを思わせる物は残っていません。
過去の記述
所在地 浦添市内間
分類 不詳
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳

概要

内間グスクは正式名称内間遺跡と呼ばれ、存在していた場所はかつて標高30メートルほどの丘陵地帯だったそうです。
この場所はグスク時代内間の中心として機能していたと見られている様です1)内間遺跡・内間カンジャーヤーガマ遺跡・内間西原近世墓群3
しかし宅地開発が急速に進んだために遺構などの調査が行われないままに破壊されたようです2)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島
グスクの遺構などは全く存在しませんが、御嶽や拝所が合祀されています。

探訪記

グスク近辺 グスクがあったと思われる辺りは
道より若干高くなっています。
正面に見えるのは樹齢400年といわれる「内間の大アカギ」。
写真右手の「内間児童センター」に
拝所・御嶽が合祀されています。
拝所入り口 児童センター敷地内にある拝所入り口。
奥の白い祠が拝所。
中央の低い祠が御嶽です。
拝所 奥の祠に合祀された拝所。
全部で七つの香炉が祀られています。
御嶽 拝所の脇にある祠。
御嶽として五つの香炉が祀られています。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. 内間遺跡・内間カンジャーヤーガマ遺跡・内間西原近世墓群3
2. ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島

シェアする

フォローする