浦添市

シェアする

浦添市のグスクです。
適宜更新していきます。

浦添市のグスク

概要

浦添地域は第一尚氏による三山統一まで、中山の中心だった地域として知られていますが、古琉球時代に於いては、宜野湾地域の大半1)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P807や西原地域の一部2)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P452も含めるなど現在より広範に渡っていたと見られています。
舜天、英祖、察度と三王統の居城と伝わる浦添グスクのお膝元ということもあり浦添按司、中山王が治めていたと思われます。
浦添グスクは廃城であった時期がありながらも第二尚氏時代に小禄御殿の居城として再興され、1609年の島津氏侵攻まで用いられたと見られています。
現在の浦添市域における他の主要グスクとしては、英祖王統の旧城とされる伊祖グスクが挙げられるくらいですが、沢岻グスクは沢岻世之主と呼ばれる按司による村立ての伝承があるようです3)沖縄の拝所巡り300 P172

浦添市のグスク一覧

グスク名 地区 探訪年月日 概要
浦添グスク 仲間 2007/5/6 詳細は個別ページにて。
仲間グスク4)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧 仲間? 詳細不明。
伊祖グスク 伊祖 2008/3/24 詳細は個別ページにて。
グスクジョー 勢理客 「うらそえの文化財」によれば勢理客の軍用地内にあると見られているようです。
勢理客グスク5)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 勢理客? 「分布図」には御嶽と記載されています。
同じ勢理客にあるとされるグスクジョーと同一かと言ったことも含めて詳細は不明です。
親富祖グスク 屋富祖 2012/1/6 詳細は個別ページにて。
内間グスク 内間 2007/5/5 詳細は個別ページにて。
沢岻グスク 沢岻 2007/5/5 詳細は個別ページにて。
ジングスク 前田 前田集落東側丘陵上、標高約120mの場所にあったそうです。
「ぐすく」によれば古墓もあったそうですが、現在は丘陵上が削られ地形も変貌している模様です。
コウグスク 城間 2012/1/6 詳細は個別ページにて。
城間グスク6)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧 城間? 同じ城間にあるとコウグスクと同一のグスクかという事が気になります。
「ぐすく」ではコウグスクの項でも触れていて、
コウグスクと同一のものであるか判然としないと記載されています。
牧港グスク7)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧 牧港? 詳細不明。
デーグスク8)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明。
アマツギグスク9)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明。
金グスク10)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧 不詳 詳細不明。

参考

ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島
沖縄県埋蔵文化財センターGIS遺跡地図(現沖縄県地図システム)
角川日本地名大辞典 47 沖縄県
うらそえの文化財

脚注

   [ + ]

1. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P807
2. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P452
3. 沖縄の拝所巡り300 P172
4, 6, 7, 10. ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧
5, 8, 9. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図

シェアする

フォローする