幸地グスク

シェアする

幸地グスク

データ

グスク名 幸地グスク
読み こうちぐすく
別名
所在地 西原町幸地
現況
築造年代 不詳
築造者 幸地按司?
主な城主 幸地按司?、幸地熱田子?
種別 居城
構造物 拝所、堀切、拝井、郭、説明板

記録

初回探訪年月日 2006/3/25
最終探訪年月日
満足度(A-G) D 石積み遺構は確認出来ませんが、拝所の他に郭などは確認されています。
過去の記述
所在地 西原町幸地
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 幸地按司
主な城主 幸地按司

幸地集落の丘陵上にあるグスク。
グスクのある丘陵は首里と中城を結ぶ道として利用されていたそうです。
城主の幸地按司(幸地熱田子)は武勇に優れ、
津喜武多・棚原の両按司を滅ぼしたといわれています。

概要

幸地グスクは幸地集落南よりの丘陵上あるグスクで、最高所の標高は115mとなっています。
グスクには石積み遺構を確認する事は出来ず、土塁や堀切でなるいわゆる土のグスクとも見られています。

歴史、伝承

このグスクは初代伊覇按司の五男1)沖縄のグスクめぐり P190である幸地按司によって築かれたと云われています。
幸地按司の子である熱田子の頃に落城したという伝承がありますが、熱田子は舜天王統三代目義本王の末裔で、熱田子滅亡後に初代伊覇按司の子が新たな幸地按司になったとする伝承もあるようです2)琉球王国の真実 第三章-十四

そしてこのグスクも首里に近いためか、首里城の普請で石が運ばれたとする伝承があるようですが、街道を押える目的で首里城の支城として用いられていたとする見方もあるようです3)沖縄の名城を歩く P115-116

落城伝説

二代目の幸地按司(熱田子)4)沖縄戦国時代の謎 P88は武勇に優れ、近隣の棚原グスク津喜武多グスクの按司を滅ぼしたと云われています。
しかし津喜武多按司の父である今帰仁按司が仇討ちのため軍勢を率いて向かってきます。熱田子は今帰仁按司に恭順の意を示し、宴を催して歓待します。
そして酔って帰路についた今帰仁按司の軍を急襲して壊滅させ、今帰仁按司を討ち取ります。今帰仁按司には四人の息子がおり、按司が討ち死にしたと知らされると団結して挙兵してグスクを落城させ、熱田子を滅ぼしたと云われています。

感想

集落の間近にあり、手入れがなされている印象のグスクです。
グスク南側の馬場跡とされる平場は視界を遮るものが少なく、景観が非常に良い場所です。
集落からグスクに登る道は、グスク北側の尾根を断ち切っているため堀切と見られているようですが、登り道の脇にも住宅が建ち分かり難くなっているかも知れません。
グスクの馬場跡周辺は雑木が少なく、明るく開放感がある雰囲気ですが、グスク奥の主郭跡は多少の草木がある物の手入れがなされ、グスクらしい静謐な雰囲気となっています。

探訪記

グスク全景 グスク全景。
空に向かって聳え立つ木が印象的です。
手前の広場は馬場跡だそうです。
グスク内の道 グスク内の道。
奥の郭まで続いています。
最高所の拝所 最高所にある拝所。
この辺りは物見の為の櫓台だったと見られているようです。
奥にある郭 グスク奥の郭
この辺りに建物があったのでしょうか。
井戸跡の碑 郭の一角にある井戸跡の碑。
この左右に井戸跡があります。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. 沖縄のグスクめぐり P190
2. 琉球王国の真実 第三章-十四
3. 沖縄の名城を歩く P115-116
4. 沖縄戦国時代の謎 P88

シェアする

フォローする