大川グスク

シェアする

大川グスク

データ

グスク名 大川グスク
読み おおかわぐすく、うっかーぐすく
別名
所在地 南城市玉城當山
現況
築造年代 15世紀?
築造者 三津葉多武喜
主な城主 三津葉多武喜
種別 住居
構造物

記録

初回探訪年月日 2005/9/3
最終探訪年月日 2006/2/18
満足度(A-G) E 住居跡ということもあってか、遺構は確認出来ていません。
過去の記述
所在地 南城市玉城當山
分類 住居
築造年代 不詳
築造者 三津葉多武喜
主な城主 三津葉多武喜

尚泰久王の次男、三津葉多武喜が首里から下って居住したといわれているグスクです。

概要

大川グスクは當山集落と富里集落の境付近、安次富グスクの西に隣接していたと云われるグスクです。

歴史、伝承

このグスクは尚泰久王の次男である三津葉多武喜が住居を構えたと云われています。
多武喜は安次富グスクの安次富金橋、仲栄真グスクの八幡加那志と同様に母が中城按司護佐丸の娘だったため、父王と折り合いが悪く兄弟とともにこの地に落ち延びたと云われています。

感想

大川グスクは安次富グスクと道路を挟んで向かいにあったと云われています。
しかし元々住居として造られたためか遺構らしき物は確認出来ていません。
もっとも安次富グスクと同程度のごく小規模なグスクだったとすれば、少し位置が違うだけでも確認は出来ないのかも知れません。

探訪記

グスク内の道 グスク域にある道。この岩も出入り口に利用されたのでしょうか。
グスクはほとんど茂み グスク域のほとんどは茂みです。遺構の類は全くありません。

グスク一覧 グスクみちTOP

シェアする

フォローする