船越グスク

シェアする

船越グスク

データ

グスク名 船越グスク
読み ふなこしぐすく
別名 富名腰グスク
所在地 南城市玉城船越
現況
築造年代 14世紀頃?
築造者 富名腰按司?
主な城主 富名腰按司?
種別 居城
構造物 城壁、城門、拝所、郭、古墓、説明板

記録

初回探訪年月日 2005/9/3
最終探訪年月日
満足度(A-G) C いくらか損壊しているようですが、グスクの形はある程度把握出来ます。
過去の記述
所在地 南城市玉城船越
分類 居城
築造年代 14世紀頃?
築造者 富名腰按司
主な城主 富名腰按司

富名腰按司は玉城王の四男といわれています。
また、糸数按司の息子が居したという伝承もあるようです。

概要

船越グスクは船越集落東の丘陵上にあるグスクです。
現在グスクに隣接してゴルフ練習場(ショートコース玉城)があります。

歴史、伝承

このグスクの詳細な歴史は分かっていません。
築造者である富名腰按司については複数の伝承があるようで、
英祖王統4代目玉城王の四男が富名腰按司1)「琉球王国の真実」では玉城王次男としています。と称してグスクを築いたとするものと
糸数按司の長男が富名腰按司になったとする伝承もあるようです2)沖縄のグスクめぐり

感想

先にも記載しましたが、現在グスクに隣接してゴルフ練習場が建っています。
その駐車場付近にグスクへ入れますが、自分が訪れた当時、入り口は茂みに隠れて分かり難い状態でした。
またグスク内は崩れるに任せているといった印象で、グスクの形状などは何となく把握出来る状態です。

探訪記

グスク入り口 グスク入り口
ゴルフコースの看板付近の茂みにあります。
グスクに向かう途中には城門跡とされる場所もあります。
下から見上げると石積み グスクの崖下から見ると石積みが確認できます。
郭へ登る道 郭へ向かう道。
主郭内 郭内。
拝所や遺構が確認できます。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. 「琉球王国の真実」では玉城王次男としています。
2. 沖縄のグスクめぐり

シェアする

フォローする