寒水グスク

シェアする

寒水グスク

データ

グスク名 寒水グスク
読み そーずぐすく、そーじぐすく
別名
所在地 南城市知念吉富
現況 山林
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳
種別 不詳
構造物 石積

記録

初回探訪年月日 2006/1/19
最終探訪年月日
満足度(A-G) G 拝所を含め、グスクを思わせる物はありません。
過去の記述
所在地 南城市知念吉富
分類 不詳
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳

吉冨集落南側にあるグスク。
グスク域は全体的に木が生い茂り通行が難しいです。
遺構も見つかっておらず、拝所も確認されていないそうです。

概要

寒水グスクは吉富集落西寄り、国道331号線に面した場所にあるとされるグスクです。
グスクは小丘陵にありますが、「ぐすく-グスク分布調査報告(Ⅰ)」によれば丘陵の一部が道路拡張により削られたのだそうです。
またグスクの東側には岩山が突出しているのが特徴的としています。
グスクには遺構、拝所は確認されていないようです。

歴史、伝承

グスクの歴史や伝承は伝わっていないようです。
グスクがある丘陵の麓1)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島はかつてさうす(寒水)村があったと「絵図郷村帳」(1646年?)に記載されているそうです2)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P368

感想

国道331号線から見える岩山の辺りがグスクとされていますが、上記の通り遺構、拝所ともに確認されていません。
岩山付近に石積みらしきものはありますが、グスクと直接関係は無いと思われます。
またグスク近辺は草木の繁茂し通行は難しめとなっています。
グスクの由来なども現在確認出来る資料などはありませんので推測になりますが、かつてあったという寒水集落から遥拝の対象だったのかも知れません。
ただ集落故地付近には寒水殿や寒水井が残されている模様です3)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P368

探訪記

東側から進みます グスク域北側からの進入が出来ませんでしたので東側から進入します。右手に岩山が見えます。
小川が流れています 小川が流れ申し訳程度の板が渡されています。小川のまわりは石積みがありますが・・・。
全体的に鬱蒼としています 少し奥へ進んだところ。ここはともかく岩山近辺の木の生い茂り方は尋常でありません。
謎の石積み 小川から少し離れたところにある謎の石積み。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島
2, 3. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P368

シェアする

フォローする