台グスク

シェアする

台グスク

データ

グスク名 台グスク
読み だいぐすく、でーぐすく
別名
所在地 中城村久場
現況
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 護佐丸?、伊寿留按司?
種別 住居?
構造物 拝所、按司墓

記録

初回探訪年月日 2005/9/23
最終探訪年月日
満足度(A-G) E 見晴らしは良いですが、拝所以外にグスクを思わせる物はありません。
過去の記述
所在地 中城村久場
分類 住居?
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 護佐丸・伊寿留按司?

中城グスクの東、断崖上のあるグスクです。
遺構は見当たりませんが、景色は素晴らしいものがあります。
護佐丸が中城グスクに移る際に一時的に居していたとされていますが、
護佐丸の兄、伊寿留按司が居していたとも言われています。

概要

台グスクは久場集落北西、標高約170mの台地東端部にあるグスクです。
グスクは北側から西側は緩やかな斜面となっていて、西側300mほどの場所に中城グスクがあります。
南側は断崖になっていて、斜面中腹に護佐丸の墓があります。

護佐丸の墓

グスク中腹には中城按司で、1458年に勃発した護佐丸阿麻和利の乱で滅ぼされた護佐丸の墓があります。
厳密には護佐丸の子孫とされる毛氏豊見城殿内の七世豊見城親方盛常までが弔われているのだそうです1)沖縄の拝所巡り300 P161

歴史、伝承

このグスクの詳細な歴史は分かっていません。
伝承によれば伊覇按司の子によって築かれたと云われているようです2)沖縄の拝所巡り300 P161
その後座喜味グスクから移された護佐丸が一時的に居を置いたと云われているようです。
また、護佐丸の兄である伊寿留按司が居を置いたとする伝承もあるようです。
伊寿留按司については大城グスクのページで記載しています。

感想

グスクは中城グスクの近くにあり、緊密な関連があったことを思わせます。
台地東端という位置で見晴らしも良いため、物見などがあったこととも思われます。

探訪記

崖まで続く道 グスク域の道。
崖まで続いています。
崖の先端 崖の先端。
崖から中城湾を見下ろします。 崖っぷちから中城湾を見下ろします。
護佐丸の墓への上り道 護佐丸の墓への上り道。
護佐丸の墓 護佐丸の墓。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1, 2. 沖縄の拝所巡り300 P161

シェアする

フォローする