天久グスク

シェアする

天久グスク

データ

グスク名 天久グスク
読み あめくぐすく
別名
所在地 那覇市天久
現況 住宅地など
築造年代 14世紀?
築造者 不詳
主な城主 天久按司?
種別 居城?
構造物 拝所

記録

初回探訪年月日 2006/1/25
最終探訪年月日 2007/5/6
満足度(A-G) E グスク自体は破壊され現在は拝所のみですが、西側の崎桶川周辺は多少雰囲気が残っています。
過去の記述
所在地 那覇市天久
分類 不詳
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳
那覇市天久の高台の上にあったと言われるグスク。
かつては景勝地だったといわれるグスクも今では完全に消滅しています。
グスクがあったと言われるグスクの高台までは辿り着きましたが
御嶽を見つけられず。
数度目の散策で天久之小嶽(久場森の神)に到達。
他に天久之嶽、天久大御嶽がありますのでそれも見つけたいところです。

概要

天久グスクは那覇市天久の高台上、標高47mの場所に位置しています。
グスクはかつて景勝地として知られていた様ですが、現在は破壊されて見る影もありません。

歴史、伝承

詳細な歴史は分かっていませんが、察度王の弟が天久按司とされているため、その居城であったと思われます。
天久按司は同じく察度王の弟とされる金満泰期按司と比べて伝承も見受けられませんが、奥間大親の三男とされているようです1)琉球王国の真実 P53
またグスク西側にある崎樋川も天久按司によるものとも云われているようです2)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P123

感想など

かつては景勝地だったといわれるグスクも今では完全に消滅しています。
グスクがあったと言われるグスクの高台を何度か探索し、天久之小嶽(久場森の神)に到達しました。
他に天久之嶽、天久大御嶽がありますのでそれも見つけたいところです。

探訪記

2006/1/25

グスク域北西の崖下。 グスク域北西の崖下。
崎桶川の南側には拝所が多数。
グスクとの関係は不明。
グスク西の崖下にある坂中桶川。 グスク西の崖下にある坂中桶川。
坂中桶川から奥に進んだところにある古い石段。 坂中桶川から奥に進んだところにある古い石段。
登っても行き止まりです。
グスクがあったとされる高台の上 グスクがあったとされる高台の上。
住宅やマンションばかりですが一角に林が・・・
結局御嶽は見つけられず。

2007/5/6

久場森の神遠景 上記の場所から南東にある久場森の神遠景。
久場森の神 久場森の神(天久之小嶽)。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. 琉球王国の真実 P53
2. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P123

シェアする

フォローする