那覇市

シェアする

那覇市のグスクです。
適宜更新していきます。

概要

那覇市は沖縄県の中心でとして知られています。
主に琉球王国の王都であった首里地域とその近隣であった真和志地域、小禄地域で成っていますが、グスク時代や三山時代では西原や豊見城だった地域もあります。
かつては察度王の弟が城主であったとされる天久グスクや同じく察度王の弟とされる金満泰期按司が城主だったと云われ、南山との最前線でもあった小禄グスクなどが中心だったと思われます。
三山を統一した尚巴志王が中山の都を浦添から首里に移したことで、那覇港が琉球の貿易拠点となります。
那覇港の周辺には三重グスクなどの台場や御物グスクなどの交易品を管理する施設が築かれました。
上記の通り那覇は沖縄県の中心であり市街化も著しく、遺構を留めたグスクは多くありません。

那覇市のグスク一覧

グスク名 地区 探訪年月日 概要
首里城 首里金城町1丁目 云わずと知れた琉球王国の王城です。
クンダグスク 首里金城町1丁目 首里城南西の崖下あるグスクで、
尚円革命の際に殺害された尚徳王世子の遺体が投げ捨てられ
後に腓(クンダ)の骨を残して真栄平グスクに移されたと云います1)沖縄の拝所巡り300 P127
ハナグスク 若狭? 現在の波上宮周辺はかつて端城(ハナグスク)と呼ばれていたそうです2)沖縄の拝所巡り300 P53
島の端で海に突き出た丘が端城と称されていたのだそうです3)琉球王国の真実 P57
石田グスク 繁多川 2007/5/1 詳細は個別ページにて。
三重グスク 西 2008/3/25 詳細は個別ページにて。
屋良座森グスク 住吉町2丁目 詳細は個別ページにて。
御物グスク 垣花町 詳細は個別ページにて。
湖グスク4)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 垣花町 現在垣花町の一部となっている地域で湖城村があり、
1673年に儀間村から分立したのだそうです5)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P353
拝所として湖城ノ嶽や殿などがあり、「分布図」で御嶽とされている事からそれらを指しているのかも知れません。
天久グスク 天久 2007/5/6 詳細は個別ページにて。
具志グスク 具志1丁目 2015/9/21 詳細は個別ページにて。
小禄グスク 小禄 2005/11/15 詳細は個別ページにて。
硫黄グスク 通堂町 詳細は個別ページにて。
天妃グスク 久米? 「ぐすく」には上天妃宮跡を指しているのでは無いかと記載されています。
サキハラグスク 鏡水 2012/1/7 詳細は個別ページにて。
織名グスク6)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧 織名? 詳細不明。
城嶽グスク7)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧8)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 楚辺? 「分布図」では「グスク嶽」と表記され、
「城嶽」を指しているようです。
しかし城嶽が城嶽グスクであるなら、なぜ「ぐすく」で未確認扱いなのか気になります。
大嶺グスク9)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧 大嶺 大嶺地区は大部分が那覇空港敷地となっているため破壊された物と思われます。
国中グスク10)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明。
金グスク11)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」では金満御嶽でもある
小禄グスクの辺りを指しているように見えます。
池グスク12)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明。
ウフグスク13)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明。
タマグスク14)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明。
仲三重グスク15)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧 不詳 詳細不明。
グスク毛16)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明。

脚注

   [ + ]

1. 沖縄の拝所巡り300 P127
2. 沖縄の拝所巡り300 P53
3. 琉球王国の真実 P57
4, 8, 10, 11, 12, 13, 14, 16. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図
5. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P353
6, 7, 9, 15. ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧

シェアする

フォローする