屋我グスク

シェアする

屋我グスク

データ

グスク名 屋我グスク
読み やがぐすく
別名
所在地 名護市屋我
現況
築造年代 13世紀?
築造者 不詳
主な城主 不詳
種別 集落、聖域
構造物 城壁、拝所、拝井、郭、虎口、石積

記録

初回探訪年月日 2009/4/3
最終探訪年月日
満足度(A-G) B 遺構は全体的に良く残っている印象です。
過去の記述
所在地 名護市屋我
分類 集落、聖域、居城(?)
築造年代 13世紀頃(?)
築造者 不詳
主な城主 不詳

屋我地島南東部、古宇利大橋へ向かう県道の東側の丘陵上に築かれたグスク。
遺物から築造は13~14世紀と見られているようです。
グスクを中心にして近世まで集落が存在したようで、古琉球時代の祭祀施設でもあったようです。

概要

屋我地島南東部、屋我集落の北、標高36mの丘陵上に築かれたグスク。

歴史

築造時期など詳細は歴史は分かっていないようですが、「ぐすく」によれば遺物から13世紀頃と見られているようです。
また、古琉球時代には祭祀施設などとして用いられていたようです。
かつてはグスクを中心に集落が営まれていたようで、グスクの周囲に拡散しながらも1858年まで集落が存在していた模様です。

感想

グスクは大規模ではありませんが、遺構は良く残っています。
郭や城壁などのような遺構も残っていますが、初期は集落の中心だった場所なのかも知れません。

探訪記

グスクがある丘の遠景 グスク方面への道
北側から見たグスク遠景。
丘の頂上部がグスクの中心だったと思われます。
グスク方面へ向かう道を南から見ます。
途中で細い道が枝分かれしています。
拝所 グスクへの道
グスクの手前に拝所があります。
資料によれば済井出集落の拝所だそうです。
拝所を過ぎると右手側にグスクへの道が見えます。
道 グスク方面への道
道は途中でU字に曲がっています。 グスク内の拝所。
背後にみえる岩壁の上が
グスクの中心部と思われます。
頂上部への道 頂上部入り口
拝所からさらに進むと頂上部への道があります。
道は途中から石段になっています。
グスク頂上部入り口。
写真では分かりにくいですが
入り口の両脇に石積み遺構があります。
グスク頂上部1 グスク頂上部2
頂上部の平場。
左側に拝所が見えます。
頂上部は周囲を岩に囲まれ、
スペースのあるので居城に使用された
可能性もありそうです。
石積み遺構 屋我ガー
頂上部入り口脇の石積み遺構。 グスクの北西にある屋我ガー
かつての屋我集落の水源だったと思われます。

グスク一覧 グスクみちTOP

シェアする

フォローする