親川グスク

シェアする

親川グスク

データ

グスク名 親川グスク
読み おやかわぐすく、うえーがーぐしく
別名 羽地グスク
所在地 名護市親川
現況
築造年代 不詳
築造者 羽地按司(怕尼芝)
主な城主 羽地按司(怕尼芝)
種別 居城
構造物 拝所、郭、石碑

記録

初回探訪年月日 2007/1/15
最終探訪年月日
満足度(A-G) C 明確な遺構は確認出来ませんが、城郭の面影はあります。
過去の記述
所在地 名護市親川
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 羽地按司(怕尼芝)
主な城主 羽地按司(怕尼芝)

別名羽地グスク。
親川公民館北西の丘陵にあるグスク。
後の北山王である羽地按司が親グスクから移って築いたといわれています。
遺構の類は見当たりません。
伝承によれば築いている途中で今帰仁グスクに移ったためとも言われているようです。

概要

親川グスクは親川公民館北西、標高50mの丘陵上にあるグスクです。
後の北山王である羽地按司が親グスクから移って築いたと云われています。

歴史、伝承

伝承では今帰仁按司の一族で、後の北山王である羽地按司(怕尼芝)が親グスクから移って築いたといわれています1)沖縄戦国時代の謎 P152
親グスクから移った理由は羽地内海の寒汀那(勘手納)港2)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P282に近かったからと云われ、
羽地按司はこのグスクを根拠に交易などで力を蓄え、今帰仁按司を滅ぼしたと云われてます3)沖縄戦国時代の謎 P152

感想

北山の歴史で重要なグスクである一方で、明確な遺構の類は見当たりません。
伝承によれば築いている途中で今帰仁グスクに移ったためとも云われています4)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島
しかし実際の所、グスクを築きながら兵を起こすというのは難しそうですので、このグスクは実際に用いられ、遺構は分かり難くだけと思われます。

探訪記

グスクへ向かう道 グスク南側から向かう道。
脇には標柱があります。
道を登りきったグスク内 道を登りきったところ
さっぱりと広場にはグスクの面影はありません。
広場の脇の神アサギ 広場の脇にある神アサギ。
広場北側の拝所 広場北側に隣接している拝所。
神アサギと向かい合っています。
主郭遠景 主郭遠景。
広場から北にある主郭に向かいます。
主郭に建つ城跡碑 城跡碑。
周囲は草木が生い茂って散策困難です。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1, 3. 沖縄戦国時代の謎 P152
2. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P282
4. ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島

シェアする

フォローする