大城グスク

シェアする

大城グスク

データ

グスク名 大城グスク
読み うふぐすくぐすく
別名
所在地 北中城村大城
現況
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 中城王子?、安里大親?、伊寿留按司?
種別 住居?
構造物 拝所、石積

記録

初回探訪年月日 2005/9/23
最終探訪年月日
満足度(A-G) D グスク内には複数の拝所が見受けられます。
過去の記述
所在地 北中城村大城
分類 住居
築造年代 不詳
築造者 中城王子?
主な城主 中城王子、安里大親(?) 伊寿留按司(?)

英祖王の息子、中城王子が居していたといわれています。
王子は中城グスクを築いている事から一時的な居城だったと思われます。
後に護佐丸の弟である大城掟(うっち)として居住したといわれていますが、
護佐丸の兄である伊寿留按司の住居だったとも言われているようです。

概要

大城グスクは大城集落北にある丘陵上、標高約140mほどの場所にあるグスクです。

歴史、伝承

このグスクは英祖王の三男である中城王子が居城としていたと云われているようです。1)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島2)琉球王国の真実 P37によれば三男である中城王子は後の大成王としています。
中城王子の後、しばらくグスクの主については伝わっていないようです。
第一尚氏時代になって護佐丸が中城按司になると、弟である安里大親を大城掟(うっち)として居住させたと云われています3)沖縄のグスクめぐり
別の伝承では護佐丸の兄で、山田按司の長男である伊寿留按司が居を置いていたとも云われているようです4)沖縄のグスクめぐり
伊寿留按司は護佐丸が滅ぼされた後、帰農したと云われているようです5)琉球王国の真実 P141

感想

グスクは雑木林の岩場と拝所のみで、遺構はあまり確認出来ず、伝承があるとは言え王子や按司の居城とは考えにくい様子です。まだ住居程度であれば分からなくもありません
しかし採石によって破壊を受けたとも見られているようです6)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島
伝承では護佐丸の兄と弟が居を置いていた事になっていますが、これは当然同時期であったはずです。どちらかが隣接するミーグスクを用いたのかも知れません。

探訪記

グスク入り口 水タンク手前にあるグスクへの道。
岩の根元にある石積み 岩の根元にある石積み。。
岩が多数あるグスク内 グスク内はこのような岩が多数あります。
岩陰の拝所 岩陰に作られた拝所。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1, 6. ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島
2. 琉球王国の真実 P37によれば三男である中城王子は後の大成王としています。
3, 4. 沖縄のグスクめぐり
5. 琉球王国の真実 P141

シェアする

フォローする