上座グスク

シェアする

上座グスク

データ

グスク名 上座グスク
読み うぃざぐすく
別名 与座東グスク
所在地 糸満市与座
現況
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳
種別 不詳
構造物 拝所、石積

記録

初回探訪年月日 2007/5/4
最終探訪年月日
満足度(A-G) D 探索出来る範囲は限られ、遺構か分かり難い箇所もあります。
過去の記述
所在地 糸満市与座
分類 不詳
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳

「ぐすく-グスク分布調査報告(Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島」によれば
上座グスクは与座グスクの南西にあるとされています。
そこでその方角にあり、埋蔵文化財センターのGIS遺跡地図では上座ヌ殿遺跡とされているあたりを散策しました。
拝所や石積みを確認しましたが、今後も散策したい場所です。

概要

上座グスクは与座集落の西。標高約85mの丘陵上にあるとされているグスクです。
正式名称「上座ヌ殿遺跡」と呼ばれています。

歴史、伝承

いつ頃の事か分かりませんが、与座集落は上座から与座ガーを頼って降りてきた事で成立したと云われている様です1)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P712
また上座之殿は他魯毎王の末子である上与座大主の屋敷跡とも云われている様です2)琉球王国の真実 P114

遺構について

グスク内平場の北側には低めの石積み遺構らしきものがあります。
資料には2、30センチの石塁があるとされている3)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島ので、これの事かも知れません。
しかし上部にコンクリート片のような物が乗っていたりと手が加わっているようにも見受けられました。

感想

「ぐすく」によれば上座グスクは与座グスクの南西にあるとされています。
そこでその方角にあり、埋蔵文化財センターのGIS遺跡地図では上座ヌ殿遺跡とされているあたりを散策しました。
拝所や石積みを確認しましたが、今後も散策したい場所です。

探訪記

入り口 グスクとされる辺りに入れそうな場所を
見つけたので進入してみます。
平場 森に入って左手側に伸びる平場。
拝所 平場の奥にある拝所。
石積み 平場の北にある石積み。
平場同様東西に伸びています。
さらに北にはコンクリートの祠(跡?)
らしき物がありましたがその周囲は藪がひどく
散策は厳しいです。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P712
2. 琉球王国の真実 P114
3. ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島

シェアする

フォローする