糸満市南部の集中地について

2009/7/24~
糸満市南部のグスク集中地について考えて見ます。
糸満市南部にはグスクが集中している地域が複数存在します。

糸洲方面のグスク

まず糸洲方面

  • 糸洲グスク(城壁を備えている、城砦グスク)
  • 安里グスク(進入困難、資料によれば集落?)
  • 仲間グスク(現状は御嶽など。城砦を思わせる遺構なし、集落跡?)
  • チチャマグスク(御嶽)

こちら側は糸洲グスクを除いて集落、御嶽だったように思えます。
あくまで個人的な感想ですが・・・

喜屋武方面のグスク

そして別に喜屋武付近での集中地があります。

  • 山城グスク(城砦グスク?上里グスクの出城と言われています)
  • 上里グスク(連郭式の城砦グスク)
  • 佐慶グスク(城壁などを備えた城砦グスク)
  • 束辺名グスク(上里グスク南西。當眞嗣一氏が記す所によると城砦型グスクであった模様ですが、現在は周囲が採石場となり確認不可)
  • 当間グスク(城壁あり、資料によれば単郭式)
  • カタハラグスク(非城砦グスク、倉庫と言う口碑があるらしい)

こちらは殆どが城砦型のグスクでこれだけ密集していると他のグスクと連携する事を考えて築かれたように見えます。
例えば上里グスクの北に山城グスク、東に佐慶グスクがありこれだけ見ると上里グスクを中心に築かれたと見ることも可能です。

喜屋武方面になぜ築かれたか

南山グスクの南には出城とされるグスクがいくつも存在します。

  • 国吉グスク
  • 真壁グスク
  • 米須グスク

伝承ではこれらは南山グスクの出城とされています。
それを信じるならば、南山グスクの南にも敵対する勢力が存在したことになります。
喜屋武方面のグスク=南山の敵対勢力と言えると考えます。
それらに対する備えとしてこれらの「出城」が築かれたと言う事であればそれなりに納得が行きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする