渡橋名グスク

渡橋名グスク

データ

グスク名 渡橋名グスク
読み とばしなぐすく
別名 渡橋名御願、渡橋名御嶽
所在地 豊見城市渡橋名
現況
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳
種別 聖域?
構造物 拝所

記録

初回探訪年月日 2006/4/23
最終探訪年月日
満足度(A-G) D 拝所が多く、聖域的グスクと思われます。
過去の記述
所在地 豊見城市渡橋名
分類 不詳
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳

豊見城市渡橋名集落北の丘にあるグスク。
東西に細長いグスク域の西側と東側両方に拝所がありますが、
両側を繋ぐ道らしきものは無いようです。

概要

渡橋名グスクは渡橋名集落北東、北西から南東にかけて連なる丘陵の南東端、標高約60の場所にあるグスクです。
現在は貯水タンクが目立つ丘陵にあります。
「ぐすく」によれば、グスク頂部の平場には「イリの御嶽」「アガリの御嶽」が置かれているのだそうです。

歴史、感想など

グスクの詳細な歴史などは分かっていません。
「ぐすく」には「渡橋名御嶽」とも記載され、「渡橋名御嶽」とも呼ばれているようで聖域的なグスクであったと思われます。
「遺跡地図」では北西から南東に至る細長い範囲をグスクとしていますが、googlemapによれば西側は「座波名森」と呼ばれているようです。
「ぐすく」での記述も含めて考えると、グスク自体は貯水タンクが立っている丘陵上の部分のみと考えて良いのかも知れません。
渡橋名グスク自体も座波名森周辺も拝所のみで、聖域といった印象です。

探訪記

西側(座波名森周辺)

グスク西側 グスク域西端部。古墓や拝所がありますが道は東側の森へは入れません。
大岩に作られた拝所 大岩に作られた拝所。拝所は周りにいくつかあり、岩の上も拝所になっています。
グスク西側の道 西側から東へ向かう道。道無き道が途中で切れています。

東側(渡橋名グスク)

グスク東側 グスク域東側。森の中の道。道の途中に何ヶ所か拝所があります。
拝所がある平場 奥には拝所のある平場が二ヶ所あります。
グスク北側の拝所 グスクの北側にも拝所があります。

グスク一覧 グスクみちTOP

シェアする

フォローする