棚原グスク

棚原グスク

データ

グスク名 棚原グスク
読み たなはらぐすく、たなばるぐすく
別名
所在地 西原町棚原
現況
築造年代 不詳
築造者 棚原按司?
主な城主 棚原按司?
種別 居城
構造物 拝所、郭、拝井、石積、標柱

記録

初回探訪年月日 2006/3/25
最終探訪年月日
満足度(A-G) D 明確な遺構は多くありませんが、グスクの雰囲気はあります。
過去の記述
所在地 西原町棚原
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 棚原按司
主な城主 棚原按司

棚原集落北の丘陵上にあるグスク。
安慶名大川按司の弟といわれる棚原按司が築いたといわれています。棚原按司は按司夫人に邪な思いを抱いた幸地按司に滅ぼされたといわれています。その後糸満真栄里グスクの先中城按司の子が棚原按司を継いだのだそうです。

概要

棚原グスクは棚原集落北の丘陵先端部、標高約130mの場所にあるグスクです。
グスク北東側は採石で損なわれたのだそうです1)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島が、主郭跡には遺構や拝所が残っています。

歴史、伝承

このグスクは安慶名大川按司の弟である棚原によって築かれたと云われています。
按司は当初北東に隣接している千原の丘陵上にイシグスクを築いて居城にしようとしたそうですが、拡張が出来ないため棚原にグスクを築いたと云われています2)沖縄のグスクめぐり
別の伝承では、棚原集落が現在の千原にあったそうですが、隣接する中城間切津覇との争いの結果古島に移った後現在の位置に移ってきたのだそうです3)沖縄戦国時代の謎 P874)角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P452
棚原按司は幸地按司に滅ぼされたと云われ、その後は真栄里グスク城主である先中城按司の子が継いだと云われているのだそうです5)沖縄戦国時代の謎 P87

按司夫人と幸地按司の伝承

棚原按司の夫人は美女であったと云われています。
これに対し近隣の幸地按司が片思いし、やがて策を用いて棚原按司を滅ぼします。
夫人はグスクを抜け出し、具志川間切兼箇段まで落ち延びますが、幸地按司の執拗な追跡により連れ戻されてしまいます。
そのため夫人は舌を噛み切って自害し、その事を気の毒に思った兼箇段大主は夫人の亡骸を丁寧に葬ったのだそうです。

感想

棚原集落の北にあるグスク入り口から、林道を進むと主郭跡に到達します。
グスクとされる範囲は意外と広いですが、構造などは曖昧な印象です。
しかし主郭跡を中心にグスクの雰囲気が残っています。
伝承に関して、各種資料で違う箇所はあるものの棚原按司が幸地按司に滅ぼされたという点は一致していますが、どのように滅ぼされたかという部分が伝わっていないのは不思議な所です。

探訪記

南側から見たグスク遠景 グスク遠景。南側のグスクへ向かう森の入り口から。コンクリートの壁が作られた奥が主郭跡です。
森の中にあるグスクの標柱 森を進んだところにあるグスク入り口。主郭まで林道が続いています。
主郭跡 主郭跡。拝所や遺構が僅かに残っています。
主郭にある棚原城之殿 主郭にある拝所。「棚原城之殿」と呼ばれ歴代の棚原按司を祀っているのだそうです。
石積み遺構 「棚原城之殿」後方にある石積み遺構。
円形に囲われており拝井跡と思われます。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島
2. 沖縄のグスクめぐり
3, 5. 沖縄戦国時代の謎 P87
4. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 P452

シェアする

フォローする