イシグスク

イシグスク

データ

グスク名 イシグスク
読み いしぐすく
別名
所在地 西原町千原
現況 更地など
築造年代 不詳
築造者 棚原按司?
主な城主 棚原按司?
種別 不詳
構造物 拝所、古墓、標柱

記録

初回探訪年月日 2006/3/25
最終探訪年月日
満足度(A-G) E 近年まで残っていたグスクが破壊されたという、残念な気持ちは加味せざるを得ません。
過去の記述
所在地 西原町千原
分類 不詳
築造年代 不詳
築造者 棚原按司(?)
主な城主 不詳

千原集落北の丘陵上にあるグスク。
小規模なグスクでかつては古墓が多く存在したようですが
工事で破壊されほとんど更地になっています。
棚原按司は当初ここにグスクを築いて居城にするつもりだったようですが
狭いため棚原を選んだといわれています。
棚原グスクの出城として利用されたのかも知れません。

概要

イシグスクは現在ほぼ琉球大学のキャンパスとなっている、千原集落北東の丘陵上標高136mの場所にあるグスクです。
グスクは小規模で石積み遺構は確認されない一方で古墓が周辺に多くあった1)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島とされ、墓域のような様相だったと思われます。
グスク自体近年まで全体的に残存していたそうですが、2002年7月に2/3が破壊され現在はほとんどが更地と化している状況です。

歴史、伝承

このグスクは「イシグスクモー」と呼ばれ棚原按司が棚原グスクより前に築こうとしたと云われているのだそうです2)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島
しかし地形が定まらず、拡張が出来ないため棚原に移ったと云われています。

感想

グスクは琉球大学キャンパスと沖縄自動車道に挟まれた位置にあり、到達に手間取った記憶があります。
破壊されたと言うことは訪れる前に知っていましたが、更地になった土地が思っていたよりも広く、非常に残念な気持ちになったことも覚えています。
地権者と行政の連絡ミスの結果と思われます。
また残存した頂部は僅かでかなり窮屈な印象になってしまっています。
伝承では居城とする前に棚原グスクに移ったとされています。
しかし棚原グスクのページにも記載しましたが、棚原集落自体が千原から移ってきたとも云われていて、棚原グスクの旧城だった可能性もあるかも知れません。
しかし今後調査などでそれがはっきりする可能性は低そうです。

探訪記

グスク遠景 グスク遠景。
グスクの北側。
高速の向こう側から見たものです。
グスク東側は更地と化しています グスク域東側。
ほとんど更地でグスクの面影は微塵もありません。
奥に見えるのは琉球大学の建物でしょうか?
かろうじて残った丘 西側を見ます。
かろうじて残った丘があります。
唯一グスクの面影があります 丘の西側にある拝所(?)
この辺りはかろうじてグスクの雰囲気を留めています。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1, 2. ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島

シェアする

フォローする