伊祖グスク

伊祖グスク

データ

グスク名 伊祖グスク
読み いそぐすく
別名
所在地 浦添市伊祖
現況 伊祖公園
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 伊祖按司(伊祖大主、西原王子、恵祖、英祖)
種別 居城
構造物 城壁、拝所、拝井、郭、標柱、説明板

記録

初回探訪年月日 2005/8/23
最終探訪年月日 2008/3/24
満足度(A-G) B 規模は大きくありませんが、遺構は良く残っています。
過去の記述
所在地 浦添市伊祖
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 恵祖世の主(伊祖按司?)
英祖王生誕の地。
彼の父は「恵祖世の主(エソヨノヌシ)」と呼ばれこのグスクを居城にしていたそうです。
また「恵祖」も「英祖」も「伊祖」に由来すると思われます。

概要

伊祖集落北東、標高50-70mほどの丘陵に築かれたグスクです。
「恵祖」、「英祖」など城主の名前も「伊祖」に由来しています。

歴史

グスクがいつころ築かれたのかはっきり分かっていません。
歴代伊祖按司の居城だったと思われますが、
伝承上の存在である天孫氏最後の王である思兼松金王四男西原王子が伊祖大主の養子となり、
その子が恵祖世之主、孫が英祖であるという伝承があるようです。
1259年に英祖が浦添按司になったあと廃城になったと云われていますが、
浦添グスクの支城として用いられたとも云われています。

探訪記

伊祖公園内にある石段 石段から鳥居をみます。
伊祖公園内にある石段。
グスクへ向かっています。
石段へ向かう道は石積みで出来ています。
伊祖神社への道。 主郭の伊祖神社。
伊祖神社へ向かう道。
石畳で凹凸が激しいです。
伊祖神社。
かつてのグスク主郭です。
主郭脇の石積み 主郭から奥へ進む道
神社の一角には石積みがあります。
かつての城壁跡でしょうか?
拝殿裏手から奥へ向かいます。
物見跡へ登ります。 物見跡。
グスク奥の物見台へ向かう道。
この石段も遺構でしょうか?
物見跡。
資料によれば戦前までは「旗立て」と呼ばれる穴が
あったのだそうです。

グスク一覧 グスクみちTOP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする