根謝銘グスク

根謝銘グスク

データ

グスク名 根謝銘グスク
読み ねじゃめぐすく
別名 上グスク
所在地 大宜味村謝名城
現況
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 大宜味按司?、国頭按司
種別 居城
構造物 城壁、堀切、拝所、郭、石積、説明板

記録

初回探訪年月日 2007/1/16
最終探訪年月日
満足度(A-G) B 草木が多少ありますが、遺構は大体残っていると思われます。
過去の記述
所在地 大宜味村謝名城
分類 居城
築造年代 13世紀?
築造者 不詳
主な城主 国頭按司

謝名城集落、小字城背面の丘陵頂上部にあるグスクで標高110m地点にあります。。
グスク周辺は案内板などが整備されていますが、
グスク自体は往古の姿を残しています。
本島北部のグスクでは少数派の石を使ったグスクです。

概要

根謝銘グスクは謝名城集落東側、小字城の背面にある丘陵頂上部、標高約110mの場所に築かれたグスクです。
本島北部では少数派の石積みを用いたグスクですが、堀切なども用いられています。

歴史、伝承

このグスクがいつ頃築かれたか詳しい事は伝わっていませんが、遺物から13世紀頃と見られているようです1)沖縄の名城を歩く P139
伝承では英祖王の後裔である大宜味按司の居城であったとするという物と、国頭按司2)沖縄戦国時代の謎 P156に国頭按司について「今帰仁按司系の身内が居城していたと思われ」と記載されています。3)琉球王国の真実 P42の系図では国頭按司は英祖王次男で今帰仁城主である湧川王子の四男としています。の居城であったとする物があり判然としないのだそうです。
グスク北側麓を流れる屋嘉比川の河口には屋嘉比港があり、按司はこの港で交易を行っていたと見られているようです4)沖縄の名城を歩く 1375)沖縄のグスクめぐり
1416年、第一尚氏が北山討伐の軍を起こすと、国頭按司も討伐軍に参陣していたと云われています。
1469年、第一尚氏が滅亡した際、今帰仁グスクの北山監守一族で、国頭按司と血縁関係のあった数名がグスクに落ち延びてきたと云われています6)沖縄戦国時代の謎 P1567)琉球王国の真実 P164
伝承では上記の通り、第一尚氏滅亡の頃までは国頭按司の居城として用いられていたようです。
第二尚氏尚真王の中央集権政策が実施される頃まで存続していたとする見方もあるようです8)沖縄のグスクめぐり

感想

おそらく本島で最も北にある城塞型のグスクです。
グスク周辺は大きめの案内板などが設置されたりしますが、グスク自体は往古の姿を残している印象でした。

探訪記

ノロ殿内からグスクへ向かう道 グスク西のノロ殿内
グスクの西にあるノロ殿内。
手前には蔵庭(クランナー)もあります。
ノロ殿内からグスク方向へ
細い路地を通ります。
階段脇の拝所 緑が濃くなってきます
グスクへ向かう階段脇にある拝所。 階段を登ってくると緑が一層濃くなってきます。
入り口の石段 石段脇の石積み
グスクの入り口に当たる石段。
安全のためか手すりが設置されています。
石段脇にある石積み
斜面を加工しているようです。
石段を登ったグスク内の道 道を進むと神アサギが見えます
石段頂上部。
石段を登りきると少しの間道を進みます。
道を進んでいくと神アサギが見えてきます。
神アサギ前から北へ向かう道 道の先にある大城御嶽
神アサギの手前側にある道。
北側へ向かっています。
道の先の平場にある大城御嶽。
神アサギ前の中城御嶽 神アサギの東にある地頭火の神
神アサギ前にある中城御嶽。 神アサギの東にある地頭火の神。
地頭火の神前から神アサギを見ます 上城カーの方向へ向かう道
地頭火の神前付近から神アサギを見ます。 地頭火の神からさらに東
上城カーに向かう道。
上城カー 上城カーからさらに奥へ進む道
上城カー。
井戸跡ですが、杓子が置かれています。
上城カー辺りからさらに進む道。
案内板ではさらに先には
堀切があるようでしたが・・・
道の奥 地頭火の神付近の階段
道の先。
まだ先に進むと思われますが
引き返すことに・・・
地頭火の神付近にある階段。
按司墓付近と繋がっています。
階段途中の夫婦ガー 手すりが倒壊しています
階段途中にある夫婦ガー。 階段の途中。
手すりが倒壊しています。
按司墓へ向かう道 按司墓
階段を下りて按司墓へ向かう道。
このとき按司墓付近は工事中でした。
按司墓。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. 沖縄の名城を歩く P139
2. 沖縄戦国時代の謎 P156に国頭按司について「今帰仁按司系の身内が居城していたと思われ」と記載されています。
3. 琉球王国の真実 P42の系図では国頭按司は英祖王次男で今帰仁城主である湧川王子の四男としています。
4. 沖縄の名城を歩く 137
5, 8. 沖縄のグスクめぐり
6. 沖縄戦国時代の謎 P156
7. 琉球王国の真実 P164

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする