名護市

名護市のグスクです。
適宜追加、追記して行きます。

名護市のグスク

概要

現在の名護市に相当する地域は、かつて名護、羽地、久志といった間切が存在していました。
これらの地域はそれぞれ名護グスク、羽地(親川)グスク、久志(上里)グスクが中心であったと見られ、いずれのグスクにもグスク時代や三山時代には按司の伝承が残されています。
これらの按司は北山に属していましたが、1416年に第一尚氏が北山を滅ぼす際、名護按司と羽地按司は国頭按司とともに中山軍と共に今帰仁グスク攻略に参加したと云われています1)沖縄戦国時代の謎 P161

名護市のグスク一覧

グスク名 地区 探訪年月日 概要
屋我グスク 屋我 2009/4/3 詳細は個別ページにて。
アマグスク 屋我 未到達。「ぐすく」によれば屋我グスクの南方約1kmで標高40m。
遺跡地図での「アマグシク東方遺物散布地(仮称)」を目標にして向かいましたが、進入出来る道が無く断念しました。
また「ぐすく」によれば伝承、石垣、遺物などは存在しないとの事です。
ウチグスク 屋我 未訪。「ぐすく」によれば屋我グスク南西600mの位置にある標高16mの小丘を指すようです。
しかし遺跡地図では該当する遺跡が見受けられなかったので訪れませんでした。<
源河グスク 源河 未訪。「ぐすく」によれば二ヶ所の拝所はあるものの、石垣や遺物は存在しないとの事です。
仲尾次グスク 仲尾次 2007/1/15 詳細は個別ページにて
真喜屋グスク 真喜屋 未訪。「ぐすく」によれば真喜屋小学校の南方約500mの上之御嶽を指すようです。
遺跡地図に名前が記載されていなかったので訪れませんでした。
また「ぐすく」では「羽地村誌」からの引用として、はっきりした文献は無いが源河、親、親川の按司と並列して割拠していた可能性を記しています。
親グスク 川上 未到達。「ぐすく」によれば『川上部落の南側山地の中腹、多野岳へ登る道の右側、標高約100mの尾根上に立地する。』と記載されています。
遺跡地図に示された場所で登り道の右側(南側)を中心に探索しましたがそれらしい場所を見つけられませんでした。
川上グスク2)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 川上? 「分布図」には墓地と記載されていますが詳細は不明です。
親川グスク 親川 2007/1/15 詳細は個別ページにて。
デーグスク 田井等 2007/1/15 詳細は個別ページにて。
前田グスク 屋部 未訪。「ぐすく」によれば西屋部川に突き出した舌状台地の先端で畑地になっているとの事です。
名護グスク 名護 2007/1/16 詳細は個別ページにて。
上里グスク 久志 未到達。「ぐすく」によれば『久志部落の北東約1kmの丘上』で『北側を国道329号線に切り取られている』といった記述から
遺跡地図で示された場所で国道の南側を探索しましたが、藪で進入路を見つけられませんでした。
伝承では久志按司は安慶名大川按司の流れを汲むと云われているようです3)沖縄拝所めぐり300 P231では二代目安慶名大川按司の四男、もしくは孫4)琉球王国の真実 P123では初代安慶名大川按司三男天願按司の次男
嘉陽グスク 嘉陽 2007/1/16 詳細は個別ページにて。探訪時には暗くなっていてまともに探索などは出来ませんでした。
小グスク5)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」には御嶽と記載されていますが詳細は不明です。
上グスク6)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」には御嶽と記載されていますが詳細は不明です。
グスクヌチジ7)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」には御嶽と記載されていますが詳細は不明です。
ターグスク8)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明
高山グスク9)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」には単独墓と記載されていますが詳細は不明です。
テマスク10)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明
グスク山11)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明
中グスク12)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」には御嶽と記載されていますが詳細は不明です。
ウフグスク山13)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明
アザヒルマグスク14)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 詳細不明
高ユースク15)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」には墓地と記載されていますが詳細は不明です。
ウエナングスク16)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」には御嶽と記載されていますが詳細は不明です。

参考

ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島
沖縄県埋蔵文化財センターGIS遺跡地図(現沖縄県地図システム)
角川日本地名大辞典 47 沖縄県
沖縄戦国時代の謎
沖縄の拝所めぐり300
琉球王国の真実

脚注

   [ + ]

1. 沖縄戦国時代の謎 P161
2, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図
3. 沖縄拝所めぐり300 P231では二代目安慶名大川按司の四男、もしくは孫
4. 琉球王国の真実 P123では初代安慶名大川按司三男天願按司の次男

シェアする

フォローする