与那覇グスク

与那覇グスク

データ

グスク名 与那覇グスク
読み よなはぐすく
別名 グスクヌチジ、クシヌ毛
所在地 南風原町与那覇
現況
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳
種別 聖域?
構造物 拝所

記録

初回探訪年月日 2007/5/6
最終探訪年月日
満足度(A-G) E 十分に探索出来ませんでしたが、拝所以外は無さそうです。
過去の記述
所在地 南風原町与那覇
分類 不詳
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳

与那覇集落北西、鉄塔のある丘がグスクとされています。
今回はグスクの奥に進入できませんでしたので中の詳細は確認していません。
グスクの北東にノロ殿内がありますが、グスクとの関連は不明です。

概要

与那覇グスクは与那覇集落北の丘陵上、標高約50mの場所にあったグスクです。
正式名称は与那覇クボー御嶽遺跡と呼び、地元ではグスクヌチジ、クシヌ毛と呼んでいたようです。
遺跡としては1983年-1986年に沖縄県教育委員会が実施した歴史の道調査で嵩元政秀氏によって発見されたようで、遺物として土器片が採取されているもようです。
参考:南風原町の遺跡

歴史、感想など

このグスクの歴史や伝承は分かっていません。
グスクは集落北側、鉄塔が立っている丘陵上にあるとされていました。
丘陵上にはクボー御嶽と見られる拝所があり、北東麓にはノロ殿内があることから、丘陵や森が聖地とされていたと思われます。
しかし近年、道路工事によりグスクのあった丘陵は破壊されたと見られ、再訪出来なかった事も含めて残念です。

探訪記

グスク遠景 グスク北西、ファミリーマートの駐車場からの遠景。
グスクとされる丘には鉄塔が建っています。
ノロ殿内 グスク南東にあるノロ殿内。
グスクに関するものかは不明です。
登口 グスクの南側。
丘を登る道があります。
道 道を途中まで登りましたが
雨の後でぬかるみがひどい為断念しました。

グスク一覧 グスクみちTOP

シェアする

フォローする