北中城村

北中城村のグスクです。
適宜更新していきます。

北中城村のグスク

概要

現在の北中城村に相当する地域は、古琉球時代に於いては中城地域に含まれていました。
そのため村域内は主に中城按司によって治められていた物と思われます。
しかし中城グスク北のやや近い位置に、按司の伝承がある大城グスク、安谷屋グスク、伝承は無いものの規模から何者かの居城であったと見られているヒニグスクなどが存在しています。
これらのグスクの内、安谷屋グスクは第一尚氏滅亡に際して安谷屋按司が大城賢雄とともに挙兵しようとした伝承や、その後尚円王の子である若松が城主になったとされる伝承から尚真王の中央集権政策が行われるまで用いられていたと見られています。

北中城村のグスク一覧

グスク名 地区 探訪年月日 概要
ヒニグスク 喜舎場 2007/5/3 詳細は個別ページにて。
安谷屋グスク 安谷屋 2007/5/3 詳細は個別ページにて。
大城グスク 大城 2005/9/23 詳細は個別ページにて。
ミーグスク 大城 2007/5/3 詳細は個別ページにて。
マーシリーグスク 熱田 2005/9/23 詳細は個別ページにて。
島袋グスク1)ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧 島袋 詳細不明。
宮グスク2)角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図 不詳 「分布図」には御嶽と記載されていますが、詳細は不明です。

参考

ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島
沖縄県埋蔵文化財センターGIS遺跡地図(現沖縄県地図システム)
角川日本地名大辞典 47 沖縄県

脚注

   [ + ]

1. ぐすく:グスク分布調査報告書―沖縄本島及び周辺離島:未確認のグスク一覧
2. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県:グスク分布図

シェアする

フォローする