江洲グスク

江洲グスク

データ

グスク名 江洲グスク
読み えすぐすく
別名 ツチグスク
所在地 うるま市具志川宮里
現況
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 江洲按司、尚布里、尚武
種別 居城
構造物 拝所、按司墓

記録

初回探訪年月日 2005/09/23
最終探訪年月日
満足度(A-G) D 現状拝所や按司墓以外遺構は見受けられません。
過去の記述
所在地 うるま市具志川宮里
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 江洲按司・尚布里
現在は古墓が目立つグスク。
第一尚氏の頃は王族の城主になる等、恵まれていたようですが、
現在はその面影はありません。

概要

江洲グスクは江洲集落の東にある標高約90mの丘陵上にあるグスクです。
ツチグスクという別称の通り、土で成るグスクであったと見られているようです。

歴史、伝承

このグスクがいつ築かれたのか詳細は分かっていません。
第一尚氏以前も江洲按司がいたと云われているようですが、詳細は伝わっていないようです。1)「沖縄のグスクめぐり」では伊波按司分家、「ぐすく」には安谷屋グスク系とありますが、こちらは誤記の可能性がありそうです。
第一尚氏の頃には尚巴志の6男である布里が江洲王子として城主になったと言われています。
1453年、布里の兄である5代目尚金福王が逝去すると、王世子であった志魯王子と王位を争い志魯・布里の乱を引き起こします。
乱の結果、二人共に斃れたとも布里は生き残り行方をくらましたとも言われています。
尚泰久王の頃、王の五男である尚武が江洲按司として城主になったと言われています。
第一尚氏が滅びるとグスクは廃城になったと見られているようです。2)ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島

感想

このグスクは土のグスクであったと見られ、石積み遺構は存在していません。
訪れた当時は土のグスクという認識ではなかった事もあり、按司墓以外は何も残っていないという印象でした。
探せば土塁の痕跡はあったのかも知れませんが、知らなかった以上確認のしようがありません。

探訪記

グスクへ向かう道 グスク域の道。
この先に階段があります。
グスクにある階段 階段。
脇には古墓などが見られます。
階段周辺の古墓 このような古墓がいくつか見えます。
階段を登ったところにある按司墓 階段を上ったところにあるのは
按司墓です。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. 「沖縄のグスクめぐり」では伊波按司分家、「ぐすく」には安谷屋グスク系とありますが、こちらは誤記の可能性がありそうです。
2. ぐすく-グスク分布調査報告 (Ⅰ)-沖縄本島及び周辺離島

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする