南グスク

南グスク

データ

グスク名 南グスク
読み なんぐすく
別名 上根(イークン)グスク
所在地 うるま市与那城上原(宮城島)
現況
築造年代 15世紀頃?
築造者 宮城按司?
主な城主 宮城按司?
種別 住居
構造物 拝所、郭、按司墓、石積

記録

初回探訪年月日 2005/12/28
最終探訪年月日
満足度(A-G) D 住居跡とされており、それほど遺構はありません。
過去の記述
所在地 うるま市与那城上原(宮城島)
分類 住居
築造年代 15世紀
築造者 宮城按司
主な城主 宮城按司
宮城島の北寄りにある分かりにくいグスク。
南山が亡びた際に、南山王の一族だったと言う宮城按司が落ち延びて築いたと言われています。

概要

南グスクは宮城島内上原集落北の丘陵上にあるグスクです。

歴史、伝承

このグスクの歴史は分かっていませんが、南山に関わる伝承があるようです。

山南の落武者伝説

伝承によれば、イークングスクとも呼ばれるこのグスクは山南滅亡後に他魯毎王が落ち延びてきたという伝承があるようです。1)角川地名大辞典 47 沖縄県 P1006
一方で落ち延びて来たのは他魯毎では無く、王家支流の宮城按司とする伝承があります。2)沖縄のグスクめぐり
宮城按司は当初、グスクに隣接したイークン山に居を置いたそうですが、後に現在のグスクがある場所に移って来たのだそうです。
似た伝承では名城按司である樽真佐が息子である四郎樽金とともに落ち延びたとする物があるようです。3)琉球王国の真実 P117
この伝承についてはフェンサグスクのページでも触れています。
名城も宮城もウチナーグチで「ナーグスク」と呼び、元々高離島と呼ばれていた島が名城(ナーグスク)島と呼ばれるようになり、宮城島と表記されるようになったのだそうです。
樽真佐の子である四郎樽金は平安座島にアガリグスクを築き、移り住んだとも云われているようです。

感想

探訪した時の感想としては非常に道が分かり難かったという印象です。
当時「沖縄のグスクめぐり」に掲載されていた図を頼りに探しましたが、目印である岩を過ぎても進入路が畑道で標柱なども無かったため探すのに苦労しました。googlemapによると現在は標柱が設置されているという情報もありますので、探しやすくなったかも知れません。
グスク自体も小規模で、落武者が隠れ住んでいたと言われれば納得出来そうな雰囲気はあります。
もっとも伝承なので実際にそうであったかは分かりませんが。

探訪記

岩を利用したグスク入り口 グスク入り口。岩の間を通り抜けます。
グスク内の道 グスク内の道。森の中を歩きます。
郭入り口 郭の入り口。目の前の盛り上がった部分は雑草に覆われた石積みです。
郭内の拝所 郭にある拝所。道を奥に行くと按司墓があります。

グスク一覧 グスクみちTOP

脚注

   [ + ]

1. 角川地名大辞典 47 沖縄県 P1006
2. 沖縄のグスクめぐり
3. 琉球王国の真実 P117

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする