硫黄グスク



硫黄グスク

硫黄グスク

ゆーわーぐすく

所在地 那覇市通堂町
分類 倉庫
築造年代 16世紀頃?
築造者 不詳
主な城主 不詳
「ぐすく」によれば現在沖縄製粉がある辺りに築かれていたようです。
名前の通り硫黄を貯蔵するためのグスクで、築かれたのは屋良座森グスクと同年代のようです。
硫黄は硫黄鳥島から採掘され、主な交易品の一つでした。
那覇市環境マップによれば1686年に拝殿が建てられ、1694年には門が再建されたそうで、拝みの対象にもなったと思われます。
しかし18世紀には倉庫は礎石のみになっていたようで、本来の機能は失っていたのかも知れません。
戦後に倉庫の建設などでグスク跡も跡形無く破壊されたようです。

グスク遠景 明治橋付近よりグスク周辺を見ます。
那覇市環境マップによると沖縄製粉敷地内に
拝所があるようですが、入るのは難しそうです。
拝所? 沖縄製粉西端部。
敷地内に拝所か石碑のようなものが見えました。
しかしグスクには関係ないと思われます。

リストへ戻る トップページへ戻る