小禄グスク



小禄グスク

小禄グスク

おろくぐすく

所在地 那覇市小禄
分類 住居?
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 金満泰期按司
正式名称「カニマン御嶽遺跡散布地」現在は森口公園になっています。
遺構は見当たりませんが、古墓や拝所が多数あります。
このグスクに居していた金満泰期按司は察度王の弟と言われています。

森川公園内高台の小禄殿 森口公園内南の高台にある小禄殿。周囲には拝所や井戸跡もあります。
高台から公園北側を見ます 小禄殿のある高台から北側を見ます。
公園北側は拝所や古墓が多数です 公園北側。周りは古墓や拝所が多数です。
階段を登った場所にある拝所 階段を登った上にある拝所。

リストへ戻る トップページへ戻る