具志グスク

 

具志グスク

具志グスク

ぐしぐすく

 

所在地 那覇市具志1丁目
分類 聖域
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳
那覇市具志にある具志グスクは「ぐすく-沖縄本島及び周辺離島」に記載されています。
那覇市具志部落の北東に所在する小禄砂岩の小丘陵である。
この付近は宅地が密集し、グスクも四方八方を宅地にとられ、現在は3つの拝所のみが残っている状態である。

「ぐすく-グスク分布調査報告 : 沖縄本島及び周辺離島」より抜粋。
そして現在うたき公園として整備されている具志御嶽は具志の北東端付近に位置し、北と東が高良との境界付近となっています。
集落北東の小丘陵に位置する拝所(御嶽)と言う事で「ぐすく」が指しているのはこの場所で間違い無いと思われます。
グスクとしての詳細は不明ですが、石積み遺構などが存在していなかった事や、
この場所が御嶽として伝えられている事から聖域として存在していたと推測されます。

公園石碑 グスク南にある公園入口の石碑。
石碑裏 石碑の裏面には公園の来歴について記されています。
しかし公園として整備された時期については記載されていませんでした。
公園内 うたき公園内。
具志御嶽 公園内にある具志御嶽。
拝所 グスクから南東方向を見ると、高い位置にある事が分かります。。

リストへ戻る トップページへ戻る