幸地グスク



幸地グスク

幸地グスク

こうちぐすく

所在地 西原町幸地
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 幸地按司
主な城主 幸地按司
幸地集落の丘陵上にあるグスク。
グスクのある丘陵は首里と中城を結ぶ道として利用されていたそうです。
城主の幸地按司(幸地熱田子)は武勇に優れ、
津喜武多・棚原の両按司を滅ぼしたといわれています。

グスク全景 グスク全景。
空に向かって聳え立つ木が印象的です。
手前の広場は馬場跡だそうです。
グスク内の道 グスク内の道。
奥の郭まで続いています。
最高所の拝所 最高所にある拝所。
この辺りは物見の為の櫓台だったと見られているようです。
奥にある郭 グスク奥の郭
この辺りに建物があったのでしょうか。
井戸跡の碑 郭の一角にある井戸跡の碑。
この左右に井戸跡があります。

リストへ戻る トップページへ戻る