喜屋武古グスク



喜屋武古グスク

喜屋武古グスク

きゃんふるぐすく

所在地 糸満市喜屋武
分類 不詳
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 不詳
喜屋武漁港東側は喜屋武古グスクであったとされていますが
「糸満市の遺跡」によるとこれまでグスク内からの遺物は発見されておらず。
グスク周辺の道路で発見されているようです。
またグスク内には「岩陰を利用した古墓が二基ほど確認されている」とされ。
現在のところ古墓のみがグスクの存在を伝えているようです。

遠景 喜屋武漁港、防波堤の先端から見たグスク遠景。
漁港へ下る道の両脇がグスクだったとされているようです。
拝所 グスク西側、喜屋武漁港内にある拝所。
漁や航行に関するものでしょうか。
道 喜屋武漁港東側。
グスク内へ向かう道。
石積み 道の途中にある石積み。
遺構かどうか分かりません。
古墓 グスク奥。
海の方向を向いた古墓。
手前と奥の二基あり、資料にあるものでしょう。
手前の古墓には「玉城世」とありますが、
奥の物は未確認。
石 古墓のある斜面に転がる石。
古墓からの転石でしょう。

リストへ戻る トップページへ戻る