八重瀬グスク

八重瀬グスク

 

八重瀬グスク

やえせぐすく

所在地 八重瀬町富盛
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 八重瀬按司
八重瀬岳の中腹にあるグスク。
現在は公園になっていますが、それでも本殿跡、蔵当、物見台といった遺構は確認できます。また公園のグランドの南側にも拝所があります。
城主の八重瀬按司は、大里グスクを攻めとり「下世の主」と名乗った汪英紫と言われています。
グスク崖下 グスクの崖下には古墓や拝所などがあります。
本殿跡の火の神 本殿跡にある火の神。
蔵当 本殿跡からみた蔵当。周囲は石積みで囲まれ、少し高くなっています。この後方は物見台、右手側を下るとカーがあります。
拝井泉跡 グスク内カー。
物見台 物見台。今は展望台として利用されています。