テミグラグスク

 

テミグラグスク

 

テミグラグスク

てみぐらぐすく

 

所在地 八重瀬町当銘
分類 居城
築造年代 不詳
築造者 不詳
主な城主 当銘蔵按司
以前は木が生い茂った場所だったようですが、現在はかなりの部分が公園化されています。
伝承によれば城主の当銘蔵按司は八重瀬按司と争いになり、戦になると一度退いたそうですが、相手が油断したところで反撃して、打ち破ったといわれています。
西部プラザ公園のグスク広場は郭跡ですが、北に城門跡と伝えられる場所があり、その内側には蔵屋敷跡、根屋、カーや按司墓などの拝所が多数あります。

 

北側から見るグスク グスク域を北側から見ます。
整備されたグスク グスク跡。きれいに整備されています。
グスク南側の道 グスク域南側の道。整備された部分から直接行き来することは出来ません。
木が生い茂った一角 こちら側は木が生い茂って岩が露出した森です。

以下は再訪した時のもの。

展望台と馬場
グスクの北にある展望台。
その脇の道は馬場跡と云われているようです。
復元(?)された城門である大門(うふじょう)。
城門はこの場所にあったと云われているようです。
大門から進入すると蔵屋敷跡があります。
周辺は拝所が多数あります。
嶽之火神。
按司墓。 付近の古墓。
こちらも按司墓かも知れません。
古墓らしき拝所。 北側から見たグスク主郭方面遠景。
グスク主郭跡であるグスク広場。 主郭跡にある拝所。

リストへ戻る トップページへ戻る