今帰仁グスク

 

今帰仁グスク

 

なきじんぐすく

所在地 今帰仁村今泊
分類 居城
築造年代 13世紀
築造者 不詳
主な城主 今帰仁按司・怕尼芝・珉・攀安知
北山の中心的な存在であったグスク。
13世紀頃から築かれ、怕尼芝王統で現在の形になったと言われています。
石積みの城壁が続く様は壮観で
規模もグスクの中では最大級です。
グスクの大手門である平郎門。 平郎門左手側に突き出た城壁。
グスクの大手門である平郎門。 平郎門左手側に突き出た城壁。
内側から見た平郎門。 平郎門東側に登ったところ。
内側から見た平郎門。
両側の空間は兵が入る場所でしょうか。
平郎門東側に登ったところ。
当然全て石です。
大隅 平郎門からの参道沿いの石積み。
大隅(うーしみ)
平郎門より入って左手にある郭。
平郎門からの参道沿いの石積み。
グスク旧道跡。 旧道右手に見える巨大な石積み。
グスク旧道跡。
かつては石が敷かれていたようです。
旧道右手に見える巨大な石積み。
参道からも良く見えます。
旧道跡の北側。 大庭から平郎門付近を見下ろします。
旧道跡の北側。
この辺りは遺構が良く残っています
ここを登ると大庭(ウミヤー)です。
大庭から平郎門付近を見下ろします。
大庭の北部「北殿跡」にある石碑。 大庭の南部「南殿跡」にある空御カー(カラウカー)。
大庭の北部「北殿跡」にある石碑。 大庭の南部「南殿跡」にある空御カー(カラウカー)。
御内原(ウーチバル) 御内原南側を見ます。
御内原(ウーチバル)女官部屋があったと言われ
周囲は拝所が点在しています。
御内原南側を見ます。
御内原から大隅を見下ろします。 御内原から主郭へ向かう道。
御内原から大隅を見下ろします。
城壁と海が同時に見渡せます。
御内原から主郭へ向かう道。
主郭の建物跡。 火の神の祠。
主郭の建物跡。
基礎や礎石などが見えます。
火の神の祠。
右手には北山監守来歴碑記が立ています
主郭から御内原方面を見ます。 主郭の城壁
主郭から御内原方面を見ます。 主郭の城壁
下に見えるのは志慶真門郭。
志慶真門郭への門 志慶真門郭へ降りる道
志慶真門郭への門。
門は補強されています。
志慶真門郭へ降りる道。
志慶真門郭 志慶真門郭の城壁
志慶真門郭。
右手に見えるのが裏門にあたる志慶真門です。
志慶真門郭の城壁。
志慶真門郭から主郭方面を見ます。 杭が打たれているのは建物跡のようです
志慶真門郭から主郭方面を見ます。 志慶真門郭北側を見ます。
杭が打たれているのは建物跡のようです。

リストへ戻る トップページへ戻る